新お坊さんの智恵袋

どうげんが毎日発信〜きょうの広済寺・住職の予定・坐禅会と写経会情報をいちはやく!

いろんな花が咲いてきました!

おはようございます。あいにくの雨です。きょうは中しごととなります。ここのところ多い、時間のかかる案件を片付けておこうと思います。ご朱印受けは15時迄。ご予約の上でのご来山をお願い申し上げます。

 

暖かくなってくると、草との追いかけっこになります。かつては草を引くことだけに快感を覚えていたのですが、当たり前のことながら草って、引いたところからまた生えてきますよね。だったら引いたとこに、何か別のモノを植えて除草エリアを減らすようにつとめています。草も生えないような土地だったら、花も野菜も育たないのに、草だけをいけないというのは、人間のエゴなのかなあとも思う時があります。

いま広済寺のお墓できれいなのは、

f:id:dohgen:20180417113114j:plain

▲ガーベラ。赤いのが好きなので、見つけると買って増やしてきました。ほかの色のもあります。南アフリカ原産でカラカラしたところでも育つので、手間がかからない優れもの。毎年、秋に株分けし、増やしてきました。

f:id:dohgen:20180417113126j:plain

▲マーガレット。マルガリータ。とかオシャレな名前なのに、臭いいやな匂いがします。日本名の除虫菊のほうが、しっくりきます。どこかから飛んできた種からどんどん増えてしまいました。こちらも雑草並みに強く、通路エリアは除去し、暮石の隙間は生やしておきます。

f:id:dohgen:20180417113135j:plain

▲もう17年もまえに、お檀家さんのジュンちゃんおじさんからいただいたあやめ。田んぼや畑のあぜ道にあったあやめがきれいだったので、広済寺をあやめでいっぱいにしたいと言ったら、翌日、軽トラで運んできてくれたのです。最終的に残ったのは墓地にあるものだけ。やはり土がものをいうみたいです。

f:id:dohgen:20180417113054j:plain

今年のあやめの開花は早かったです。いま見頃です。ゴールデンウィーク以降は赤紫のベルガモット、オレンジの金魚草、薄紫のみそはぎと、いろんな役者が登場します。レアなものより、強くて手間いらずの植物が好きみたいです。

事務屋だから、花の扱いも合理的になっています。〜どうげん