新お坊さんの智恵袋

どうげんが毎日発信〜きょうの広済寺・住職の予定・坐禅会・ご朱印受け情報をいちはやく!

あみだくじ

ジャスコに行ったら、何コレってものを見つけました。

f:id:dohgen:20200922191720j:plain

▲妙に既視感を覚えました。クラス分けとか順番を決めるのによくやったあみだくじに似てませんか?

f:id:dohgen:20200922191730j:plain

▲ATMの列を整理するテープでした。赤い線が目安でしょうが、結構な密かなあとツッコミどころ満載でした。

f:id:dohgen:20200922191737j:plain

買い物も 効率的に。ジャスコ大好き。〜どうげん

お彼岸のハウスキーピング

おはようございます。

f:id:dohgen:20200923102208j:plain

彼岸花が咲かないナアと心配だったのですが、見つけました!

f:id:dohgen:20200923102419j:plain

▲表参道エリアでは⋯千里馬シリウスのところや▲、▼松の木の近くや▼

f:id:dohgen:20200923102531j:plain

f:id:dohgen:20200923102759j:plain

▲ごみ集積場から見えるプラ舟ビオトープのそばにありました。お墓のほうは箱庭にありますね。咲いてくれてよかったです。あっそうそう、根っこは猛毒なので、切り花等で触ったら石鹸で手をよく洗っておきましょうね。

^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^

しごとが8割減状態になり、きほんはワンオペの毎日。分身の術はできないので、合同供養のあった21、22日だけは仏具屋さんの佐藤さんに入っていただきました。客足が引ける午後からは中そうじ。昨日は香炉灰なおしをしました。

f:id:dohgen:20200923103106j:plain

▲灰の粉が飛ぶので、コロナ禍対策でしつらえた玄関のプチホールでやります。コロナ禍前はだだっ広いだけでしたが、消毒液を置くテーブルに、ソーシャルディスタンスを取った待合の椅子もあり、いい空間になりました。これで客受けなら、玄関払いとはならないでしょう。

作業中にお見えになったお客様には、「ウチぼの仏壇の香炉なおしもやってみようかなぁ?」というきっかけになればと思い、玄関でしました。

f:id:dohgen:20200923104253j:plain

▲灰クリーンで灰と線香カスを分離し、香炉に灰を戻します。水拭きだとシマができちゃうので、サッサで香炉まわりを拭き取ります。
本家さんで、親戚さんを寄せたりして仏壇へのお参りが多いと、線香のカスが溜まり、発火の原因になります。お檀家さんには、お彼岸やお盆の前後にはお手入れを推奨しています。

ちなみに広済寺では、お線香のカスは捨てずに、

f:id:dohgen:20200923104543j:plain

▲朝課で焼香する時に、使っています。広済寺では、線香そのものが全て松栄堂さんのもので比較的、グレードがいいものを使っていることと、もう一度、焚けば灰になり、香炉に戻せるからです。朝課には、部内やご本山の偉い方がお経に来るわけでないからまあ良いでしょう。コロナ禍で貧乏しちゃったので一工夫です。ちなみに、お蕎麦の製造元では、乾麺の切り落としは、かんざしと呼ばれ、大きめものはアウトレット化。小さなものは再度、お粉に戻して、再生し、廉価版にされます。スーパーの共同開発品がそうです。
^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^

お彼岸にはお檀家さんだけでなく、親戚さんや同級生さん、ご近所さんもお墓参りをされるので、ごみの回収も大切な役目です。

f:id:dohgen:20200923105438j:plain

▲紙ごみや枯れたお花は焚きます。

f:id:dohgen:20200923105701j:plain

▲プラやビニール系はまとめて、水曜と土曜の回収に出しています。圧縮して袋3つ分ですから結構な量です。オツさんがいない無住のおてらだったり、火燃し場がない都会のおてらだとごみの処分ができないので、持ち帰りとか厄介になります。

紙ごみと枯れ花や草は焚いて、畑やガーデニングの施肥にし、プラごみは出したりと、広済寺はよく健闘していると思いますよ。

在宅勤務というしごとが おてら。

いるだけじゃなく おてらとお墓のおもりをするのが住職。〜どうげん

 

お中日

おはようございます☀

f:id:dohgen:20200922091015j:plain

▲野花で活けてみました。きょうはお中日。秋分の日。昼と夜が半分になって、冬に向かう節目でもあります。今回のお彼岸は、入りから全ておやすみにあたったこともあって、墓参は先行してお済ませになった感じですね。

きょうは10時台から合同供養です。仏花のお取り扱いは、午前中までとなります。

^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^

今回の秋彼岸で唯一、違ったのは、どんなに異常気象でも、お彼岸には咲いていた彼岸花がなかったことです。咲いていたら教えてくださいね。

おてらの茄子🍆はもうシオです。

f:id:dohgen:20200922092648j:plain

▲皮が厚くなり、茶色くなってしまいます。焼き茄子にする時、油のしみ込みも悪くなりました。

f:id:dohgen:20200922092801j:plain

なので、油で素揚げにして、しょうがをめんつゆに溶いたものに、漬けて食します。

f:id:dohgen:20200922093012j:plain

冷蔵庫で冷やしておくとさらにおいしくなります。夕飯にはお酒の肴になりますね。

 

値段が張るけど 秋刀魚が恋しくなる 秋〜どうげん

敬老の日&合同供養

19日の入りから始まったお彼岸もきょうで3日目。今回のお彼岸にあたる日は、土曜、日曜に月火が祭日になり、事実上、全てやすみの日。こういうお彼岸も珍しいのではないでしょうか?本日、敬老の日の合同供養はあわせて6組、8名の皆さまにご参加いただき、無事円成することができました。どうもありがとうございました。


毎年の敬老の日ならば、門前の自治会館に70歳超えのおじさん、おばさんを集めてお弁当を振舞っていたのですが、コロナ禍なので、ことしはお菓子を各家に配ったそうです。墓参は老若男女多く、あちこちをはしごして来られます。各地で人出が増えたと聞きますが、地元、大山でも登山口は大賑わいだったようです。娑婆世界は連休ですからね。

明日9/22のお中日も合同供養です。年回忌供養としてお申込みのお檀家さんは必ずご出席ください。

^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^

お彼岸前までは、コロナ禍もあって、しごとの動線が変わってきたので書院の模様替えをしています。

f:id:dohgen:20200921125309j:plain

▲文書系はじぶんがお檀家さん向けにつくったものが多く、テプラで居場所を整理しています。

f:id:dohgen:20200921125554j:plain

▲テプラは21年使っているので文字が擦れてきました。動かなくなるまで使ってあげましょう。

大学3回生の時のスピーチクリニックの夏の課題。LL教室でテープを渡されて、文字をタイプライターで起こしたものです。片付けていたら出てきました。

f:id:dohgen:20200921144952j:plain

▲やりきれなかったので、平塚にあった塾講師で一緒だったフィリピン人留学生に手伝ってもらいました。作品は江戸川乱歩でなくてエドガー アラン ポーのもので、江戸時代後期の英語で、やや古風です。貴重な資料としてiPadに文書化しておきましょう。

こういうのが出てくるので、片付けはこの下半期をメドに時間をかけてやることにしました。

^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^

書院の仏間。妙楽寺さんが隔月でお焚き上げに来られるのですが、塔婆や白木の位牌と一緒にあった木魚。ほかすなら、待って!とストップをかけたのです。

f:id:dohgen:20200921124920j:plain

 ▲剥げていますが、鳴らしものとしてはじゅうぶん機能します。漆の塗り替えはあとにして、座布団を新調してあげました。これで書院の仏具が一応、揃ったことになるので、本堂だけでなく書院でも法事や坐禅会のお経もやれます。

f:id:dohgen:20200921151222j:plain

▲木魚のことを私たち臨済宗の坊さんは、魚鱗と言います。目をあけて寝る魚にあやかって、修行中寝ないようにということです。その姿だから魚鱗。座布団の大きさは、魚鱗の1.5倍の幅になるんだそうです。

 

なかの模様替えをしたり、草取りに手間の掛からない箱庭を考えたり、クリエイティブなことが好きみたいです。〜どうげん

 

明日、明後日は合同供養です

明日9/21、明後日9/22は合同供養です。年回忌供養としてお申込みされたお檀家さんは、必ずご出席ください。10時集合、10時半開始となります。

f:id:dohgen:20200918125045j:plain

コロナ禍のため、次のように対応しております。

①待合からお経まで、全て本堂にて行ないます。書院の広間は使いません。

②お手洗いでの書院への行き来はご自由にどうぞ。

③本堂では、3人掛けのお椅子をおひとりで使うことで距離を取ります。

④私のお経の時だけは、マスクはできませんので、お経の場所からすぐ近くの席は〆切とします。

⑤距離を取ると人数に制限が出てしまいますので、年回忌供養以外のお客様のご参加はできません。

⑥コロナ禍以前にやっていたお経の唱和はせず、私が通して行ないます。

⑦煎茶の湯呑み出しは控えております。本堂でのお菓子は憚られますので、お経が終わってからお施主様へお渡しします。

⑧法要後、墓前諷経となります。霊園の方、自宅墓地のお檀家さん、兼務の東円寺、慶徳寺のお檀家さんは、本尊様の前で立ってお経をすることで、墓参の代わりとします。

 以上よろしくお願いします。

^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^

 ゴマダラチョウを見つけました。

f:id:dohgen:20200920151156j:plain

f:id:dohgen:20200920151224j:plain

珍しい蝶ですね。

小学生の頃、ジャポニカ学習帳の表紙が大好きでした。〜どうげん

お彼岸2日目

おはようございます。昨日のアクセスは133と、今月初めて100の大台でした。たくさんのみなさんに訪れていただきありがとうございました。

f:id:dohgen:20200920090406j:plain

▲たぬきの学校〜噴水池の盧舎那仏さんです。広済寺のお墓の上半分の東側にあります。

4年に一度の国勢調査。書類を溜めておくのができない性分なので、サクサクッと書いて出しました。

f:id:dohgen:20200920090559j:plain

「行」は「want you 」であそびます。

お彼岸の入りの昨日は、墓参が多かったので、くずかごもいっぱいになります。

f:id:dohgen:20200920091009j:plain

f:id:dohgen:20200920091224j:plain

 ▲ぐるっと回って集めます。

f:id:dohgen:20200920092105j:plain

▲あらかたの草はみなさんが見える前に引いておくのですが、生えるほうがはやいので、むしっていただくようになりますね。

f:id:dohgen:20200920092447j:plain
▲その他にはお線香やお花の包み紙やビニール、線香の包み、ロウソクや線香のカス、じぶんで吸ってお供えしたと思しきタバコなど、ごみの中身もいろいろです。

f:id:dohgen:20200920092603j:plain

▲あちこちでお花がお供えされて、きれいになっていきます。▼

f:id:dohgen:20200920092734j:plain

f:id:dohgen:20200920092811j:plain

▲墓石を磨いたあとのぞうきん。心をこめて石塔をこすって洗ってきれいにして、ぞうきんもゆすいで元通りに直しておかれます。霊園さんによっては、事務所でお金を払えば、除草から剪定、墓石の磨きまでやってくれるところもあります。便利屋さんという手もありますよね。でも、広済寺のお檀家さんは磨きはじぶんでやります。偉いでしょ!こういう行ないが人をつくっていきます。

f:id:dohgen:20200920093103j:plain

▲名残りの朝顔

f:id:dohgen:20200920093143j:plain

ほとけはみている。それは、広済寺の境内と墓地に流れる共通したメインテーマです。石仏、草木など作庭でのアイデアはもちろん、お参りに来られるみなさんもほとけなのです。

いよいよ雨かも。〜どうげん

 

縁起のいいショット〜お彼岸の入り

こんにちは😃

午後から明日以降にかけてお天気が下り坂という予報のこともあって、早朝からお参りの多い入りの日となりました。ちょっと客足が引いたので、天井のほうへ目をやったら⋯

玄関の神様、韋駄天さんのところにヤモリくんが現れていました。

f:id:dohgen:20200919124154j:plain

ヤモリくんは害虫を食べて、家を守ってくれる縁起のいい生き物。

f:id:dohgen:20200919124357j:plain

チョロチョロ動いて、ちょっとグロだけどかわいいです。韋駄天さんは禅寺では、食輪と法輪の両方を回す、つまり経済を司るありがたい神様です。そこにヤモリくんが現れるとは、いい予感がします。

きょうはお彼岸の入り。

f:id:dohgen:20200919124637j:plain

入りぼたもちに、あけ団子。と言われます。いつも、そして今回も、お檀家さんのチエ子おばさんからお供えいただきました。おいしかったです。

 

よいきざしが来たら大事にしたい。それくらい大きな気持ちでいく。〜どうげん