新お坊さんの智恵袋

どうげんが毎日発信〜きょうの広済寺・住職の予定・坐禅会と写経会情報をいちはやく!

読経会&坐禅会は休講です。

お彼岸期間中となりますので、明日の土曜読経会とあさってのにちよう坐禅会は休講となります。坐禅会のメンバーさんで、荷担にあたっている方は、よろしくお願い申し上げます。

広済寺のお彼岸は・・・
 入りの前々日から、門前のお檀家さんがお墓のおそうじに来られます。わたしたち寺方も、それまでに墓地のそうじ。入りの前日は、おそうじの仕上げとなります。
田舎にあるので、お墓用のお花をおいてあります(お中日の午前中まで:500円)。遠方からのお檀家さんは、厚木インターをおりて、まちなかに出てお花屋さんに行く手間がなくなり好評のようです。お彼岸は、あちこちのお墓をお参りするので、まとめて買っていく方もあるようです。
 墓参がてら、日ごろの御礼のご挨拶にみえる方もいらっしゃいます。ご志納をいただいた方には、お線香の返礼と書院で茶礼のお接待をさせていただいております。お中日は11時から彼岸の合同供養です。お彼岸のおはなしと総供養を行っております。年回忌法要としておこなう方は、法要のあと、墓前で諷経をします。だいたい天気が崩れることが多いようです。お墓での諷経は、お線香やお花のご用意ができた方から、順番になるのですが、あまりにも雨がひどく、帰ってしまったこともありましたね。明日もちょっと心配です。
 お彼岸もピークは、お中日の午前中まで。あとは、午前中にそんなに人が来たのだろうか・・・と思うくらいに閑散とします。午後は室内のそうじになり、書院・本堂のモードも通常に戻ります。お彼岸の一週間は、積算で1000人以上の方が、広済寺にお参りしているようです。墓地にはお花がいっぱいになり、お線香が薫り、美しい春の光景です。お花が疲れてくる頃、また墓地のそうじになります。いつお見えになられても、すがすがしい境内になるようつとめております。