新お坊さんの智恵袋

どうげんが毎日発信〜きょうの広済寺・住職の予定・坐禅会・ご朱印受け情報をいちはやく!

無観客お施餓鬼〜最終日

おはようございます🌞けさもはやくからギラギラの太陽です。熱中症にならないように過ごしましょう。

三門の東西南北の四方固めです。

f:id:dohgen:20200806085639j:plain

▲今回はお檀家さんが中に入れないので、四方固めを三門に置いたり、

f:id:dohgen:20200806085943j:plain

▲施餓鬼棚を外に出してみました。白木の位牌を見ることで、新盆の人たちを思い出してあげたり、

f:id:dohgen:20200806090148j:plain

▲自由に水向けをしていただけるようにしました。できるだけのことをやって、次に繋げることにしました。お客様も心配なのか、いろんなことがありました。

お供物、お付け届けは無しとしたものの、来られた方。

本尊さんを携帯の待ち受け画面にしたいからと、お経の合間に上がって写メして行かれた方。

仏壇を新しくしたので、お祈りをして欲しい。

とかいろんなケースを受けました。お施餓鬼は無観客、棚経は中止ですが、おてらにはおりますので、いろいろ相談してくださいね。

きょうはお施餓鬼のお経は、iPad録音でとなります。iPadに私の分身を勤めてもらっている間は、残務整理。午後から撤収となります。

f:id:dohgen:20200806091226j:plain

 例年通りならば、いつもの文書を令和2年に変えて、送って、処理するだけで済みます。人さんへの対応もいつも通りのままです。それだけでも大変な準備があるのですが、パターン通りに行けば済むものです。ところが、無観客や中止にすると、代替策を考えながら、一から編み直しとなるので、大変でした。あらぬ心配が出たり、最悪の事態を避けるためにかえってしごとが増えます。恒例の、例年通りに、というのは実にありがたいことを悟りました。

昨日8/5、通常ならばお檀家さんが集まっている時刻や、オツさん方をお迎えし、低頭したりお経の時間帯になると、「あ〜去年だったら⋯いまごろ◯◯してたナア」と考えていました。お檀家さんも、部内のオツさんたちも、うちのスタッフも、みなさん、そういう気持ちを少なからず持ったと思います。

悔しい、辛いとか一言で表現できないもどかしさがあります。じぶん的には、泣きこそしませんが、心の中は、大泣きだった⋯と言えるでしょう。

 

来年は きちんと なおっていますように。〜どうげん