新お坊さんの智恵袋

どうげんが毎日発信〜きょうの広済寺・住職の予定・坐禅会・ご朱印受け情報をいちはやく!

ガーベラの株分け

〜お知らせ〜

明日より研修受け入れ、出向、法務と続きます。18日までご朱印受けはできません。なお19日は13時以降の時間をご予約の上でとなります。予定が立たなくなってしまうので、アポ無し、突然のご朱印筆耕依頼はおやめください。皆さまのご協力をお願い致します。

16日 企業様・新入社員研修受け入れ 夕方から大阪出向

17日 大阪滞在 

18日 東京出向

19日 にちよう坐禅会、法事

^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^

箱庭の草花が大きくなって、島に見立てた7つの石のまわりが森のようになってきました。

f:id:dohgen:20190515200159j:plain

 ▲白いにぎやかな花を見せてくれるマーガレット、黄色とオレンジのガイラルディアは、意識して植えたものではなく実生のものです。

f:id:dohgen:20190515200706j:plain

 ▲蕎麦の花も、昨年、溢れたものが実生で生えたもの。みつばちがおいしそうに蜜を吸っています。

f:id:dohgen:20190515200932j:plain

▲きょうはガーベラの株分け。赤が好きで、株分けしては増やしてきました。本当は4月がいいようなのですが、強いので大丈夫でしょう。

f:id:dohgen:20190515201209j:plain

▲ここは桑の木を鎮守の杜に見立てた神社のイメージ。桑を食べるのはカイコ。1960年代まで神奈川でも養蚕が盛んで、下平間の農家さん宅にも納屋などに蚕室の名残があるおうちもあります。桑の木もどこからか飛んできた種がこんなに大きくなってしまったもの。いっときカイコを飼ってみようかとも思ったのですが、臭いし、エサやりが大変だし、繭から生糸をつくったところで何も編めない。。。。。ということで、明日葉がいっぱいのアゲハの楽園にし、桑の木はオブジェに活かすことにしました。

f:id:dohgen:20190515202155j:plain

▲先日、土を掘っていたら、↑お宮さんの石塔のカケラ↑が出てきたのです。御紋があるので境内にあったやしろには間違いないでしょう。↓

f:id:dohgen:20190515202619j:plain

赤と朱のガーベラは、鳥居の見立て。全部で13株。カラカラとお日様が大好きで虫に強いのが特徴です。お花屋さんにあるような茎の長いものにしてみようと思います。大地のエネルギーを吸ってさらに大きくなるでしょう。

f:id:dohgen:20190515202907j:plain

たぬきの学校や他の石のまわりにもガーベラは仕込んであります。ただどんな色かは咲くまでわからないんです。赤と朱なら、蚕のやしろの神域へ移しましょう。

数ヶ月先、何年か先の育ちかたを想像しながら、箱庭をつくっています。想像と空想はいくらやっても自由だし、お金もフリーでしょう?

明日の晩からは大阪。おもしろいモンを探してきます。〜どうげん