新お坊さんの智恵袋

どうげんが毎日発信〜きょうの広済寺・住職の予定・坐禅会と写経会情報をいちはやく!

ミント園の剪定

だいぶ、ボサボサになったミント園。梅雨入りの前に、手を打つことにしました。

f:id:dohgen:20180604095316j:plain▲昨日の朝。

▼きょうの作業過程です。

f:id:dohgen:20180605140953j:plain

▲ミントだけでなく、お隣さんの越境している椿やアオキなどの枝も、落としながらごみを運んで行きます。

f:id:dohgen:20180605154157j:plain

▲最初はしんどいのですが、だんだんスッキリして地肌が見えてくると楽しいです。じぶん的には、「(地面の)顔が見えてくる」という表現をしています。実生で出てきた杉を発見!

f:id:dohgen:20180605154159j:plain

▲ミントに隠れていた、麩の入ったツゲもどきも、出てきました。

元々、このミント園のエリアは、大雨が降った時、墓地の上の方からの雨水が滝のようになり、結果的に地盤を掘って、あちこちが陥没するという、とんでもない状態でした。そこで根の張るものを植えてきたのです。

ツゲもどきも、観賞用と言うより、根っこを下へ下へと張って行かせるのが目的なので、すこぶる小さく剪定してもOK 。ミントは土の表面を覆い、雑草の繁殖を防ぐのです。

f:id:dohgen:20180605154220j:plain

▲例えば、こんな感じで、ヤブガラシより優勢になっています。

f:id:dohgen:20180605154231j:plain

▲ガイラルディアは残しておきます。

f:id:dohgen:20180605154445j:plain

▲あやめです。ミントに隠れて、立場が弱いのですが、ゴールデンウィーク頃には、紫でいいワンポイントを彩ってくれるんです。

f:id:dohgen:20180605170215j:plain

▲さっぱり。空(くう)の世界ができました!

f:id:dohgen:20180605184029j:plain

手前のエリアもスッキリ。ツゲ、笹、キンギョソウが、いつのまにかしっかり、ギッシリ。ここは雨水の重量がかかり、土留めを何度も壊されそうになったところ。これだけ根を張って、育ってくれれば、崩れることもないでしょう。

f:id:dohgen:20180605184052j:plain

陰を潜めていたタマリュウも出てきました。

広済寺ではミントと植栽で、根っこを張らせて、土塀がわりにしています。これまで、お金をかけずに、知恵に賭けてきました。なんとか勝てたようです。今後は、もうちょっと、色のある空間にしていこうと考えています。

ミントの長所は、スギナ、ヤブガラシなどの雑草より、優勢になり除草の手間が省ける。根を張り、グラウンドカバーになること。短所は、やたら越境するので、お隣さんへの対応が必要。と言えるでしょう。

庭づくりは、5年後を想定して。あれやこれやと植えすぎないこと。〜どうげん