新お坊さんの智恵袋

どうげんが毎日発信〜きょうの広済寺・住職の予定・坐禅会と写経会情報をいちはやく!

沖縄の食

この年初に、慰霊行脚があり、幹事役をお手伝いさせていただきました。さまざまな年齢層の方々をお連れするので、計画したコースを事前に歩くことになります。地図では得られない距離感を把握し、事前に安全を確保しておくためです。下見へは昨年8月末に出かけました。
これまでに事務局長として神奈川県仏教青年会や伊勢原市仏教会などをこなしてきました。事務局長というと名前と響きはかっこいいのですが・・・国連とは違うので、実際には、「やることいっぱい」「めんどくさい」「みんなが嫌がる」・・・庶務局長だったのではないかと思っています。そんな庶務通の私でも、毎回、難しい手応えを感じるのが、この慰霊行脚の幹事役です。
行き先が遠方なこと。出発が関東は羽田、関西は伊丹からそれぞれとなり、現地で合流し、また各地へ戻るという予定の段取り、参加者を絞っての予算の計上、宿泊、食事の手配など、多岐にわたるからです。出発直前には、空港での集合場所の再確認、キャンセルの対応、祝儀への返礼など、あらゆることに時間を割くことになります。幸い、無事におわり、ほっとしたのですが、この幹事役だけは、これまでに経験したなかでも、難関中の難関です。きょうは、その慰霊行脚で思い出に残った沖縄の食のおはなしです。

だいたい年1回は国内線を利用しています。いつも朝一便なので、遅延など不測の事態が起きないよう、羽田に前泊することにしています。

首里城近くにある円覚寺跡。いまは復元中です。

慰霊の登山。ハブに遭遇しなかったのが幸いでした。
国際通りの界隈です。この奥には公設市場があり、いろいろな食材がそろっています。

ステーキ屋さんの前菜は、ゴーヤが出ました。

火の通った鉄板に、さっと炒めたゴーヤ。塩、コショウだけの味付けですが、おいしいんです。この食べ方は、まかないでマネしています。ゴーヤは苦いので精進料理で生かすのは、難しいのですが、豚肉・油などが組み合わさると、なんでも使える食材です。おてらの畑でもつくっていますが、本場の沖縄産は、柔らかさと甘味があってさらにおいしかったです。ゴーヤちゅらさん以来、関東でもふつうに食するようになりました。沖縄に行って、いろんな食べ方を勉強することができました。

首里そばさんで頼んだのは、沖縄そば

じゅーしーです。

最初、聞いたとき、「英語の名前で、juicyなのかな?」と勘違いしてしまいました。じゅーしーとは、ひじきが入った混ぜご飯のことです。沖縄そばは、そばといっても小麦粉でできています。関東の十割そばをイメージしていると全然違うものがでてきます。でも、醤油だしの汁とラフテー(豚の角煮)と混ざって、これはこれで、かなりおいしいです。伝統的な献立なので、そば粉を使わなくても、沖縄では「そば」の呼称が認められているのです。
これはちがう食堂さんでの、沖縄そばとじゅーしーです。じゅーしーは、レトルトパックで市中のスーパーや土産物店で購入できます。関東の方でも、おいしいと喜ばれる味だと思います。実家に買っていったのですが、「こんなうまい五目飯は食ったことない」としばらく、はまっていました。


こちらは、ゆきのさんでいただいた定食メニューです。

ごはんもおかずもいっぱいのこの量で、800円くらいなのですが、おいしいんです。

カツやヤギを頼んだり・・・みんなでシェアして、味を楽しみます。

おいしいの繰り返しとなってしまいましたが、沖縄は食がおいしいのです。これまでにもいろいろな場所に行きました。外食が続くと、きまっておなかの調子が悪くなってしまいます。ところが沖縄では全然、平気だったのです。空気もおいしいし、自然に恵まれています。入った店は、ごく普通のお店屋さんです。沖縄は、野菜、肉、魚など食材がかなり新鮮で、いいものを使っているのを感じました。


さて。帰りの便までの時間があったので、一行は、各自、自由行動となりました。
「どうげんちゃんはどこ行くの?」
「うん・・・決めてないな。ジミー(大西さん)ちゃんの絵を見たいから、県立博物館にしようかなあ」
「スーパー行きませんか。」
「・・・えっ。(スーパー?・・いいけど、考えもしなかった・・・)」
「わし、短期で留学したときとか、旅行したときとか、スーパーとか市場をみるの好きなんです。いろんな食材が買えるし、沖縄っていいですよね〜」
沖縄で、空港に戻る間際にみたのは、存在感のあるジミー大西さんのイラスト展と大きなスーパーでした。食品売り場で、沖縄の食材を物色して、楽しみます。誘ってくれたこの方も、私も、過ごした僧堂と修行した年代は違いますが、ともに典座経験者です。この方のお父様は、生前には、食べるのも、つくるのも、もてなすのも、大好きな、豪快な和尚さんだったのです。私がこうして、さまざまな幹事役をお手伝いさせていただいても、それほど叱られずに、まあなんとか、こなせているのも、ドラスティック和尚の影響を受けているからなのかも知れません。