新お坊さんの智恵袋

どうげんが毎日発信〜きょうの広済寺・住職の予定・坐禅会と写経会情報をいちはやく!

神戸震災法要

1月17日の5時46分。震災が発生した時刻です。これにあわせ、読経がはじまります。神奈川県仏教青年会では、毎年出向しており、わたしにとっては今回が2回目です。
神戸市内のあちこちで追悼行事があります。わたしたちが行ったのは、鷹取にある「あわせ地蔵さん」です。住宅街にある、この小さなお堂には、たくさんの人が集って、手をあわせていました。現地の方々の話を聞くと、その惨状はことばにはできません。

「神奈川のひとには世話になった」と声を掛けられます。震災直後、神奈川からも、復興のために水道やさんがツルハシや工具をもって出かけたのだそうです。
目の前で、家族を失い、家を失い、ご自身のことですら大変だったはずなのに・・・。

いまの街並みは美しく、とても震災があった街には思えません。それだけに、胸が締め付けられる思いがするのです。